話題のヨガで胸をサイズアップ|厳選ポーズで効果的にエクササイズ

ヨガで胸のサイズを大きくできるということが、美容と健康を求める女性の間で話題になっています。どうしてヨガがバストアップに効果的なのでしょうか?ヨガがバストアップに効果のある理由と、バストアップに効果があるポーズを厳選してご紹介します。

ヨガのポーズで胸を大きく

有酸素運動であるヨガは、デトックス効果やダイエット効果があるだけではなく、胸を大きくする効果もあります。上半身と下半身のバランスを整えて、バストラインを綺麗に見せることもできます。ヨガがなぜバストアップ効果があるのか、その理由と、胸を大きくするヨガのポーズについて解説します。ヨガを長続きさせるポイントも紹介します。

ヨガがバストアップに効果的な理由

ヨガはどうしてバストアップに良いのでしょうか?その理由を見てみましょう。

普段使わない筋肉を柔らかくする

ヨガでは、身体のさまざまな筋肉を少しずつ伸ばし、柔らかくほぐしていきます。普段の生活であまり使っていない筋肉も、ヨガのポーズで使うことができます。いつも使っていない筋肉は、伸び縮みの回数が少なく、硬く凝り固まっている状態です。その硬い筋肉を柔らかくすると、血液やリンパの流れが良くなり、バストアップに必要な栄養素が胸に届きやすくなりますよ。胸に溜まった老廃物も排出されやすくなり、胸の成長を助けることができます。

ほぐれた脂肪を胸に集めやすい

ヨガは、筋肉を伸ばし、身体全体をほぐす作用があります。身体が柔らかくなると、胸のまわりの背中や脇の凝り固まった脂肪もほぐれていきます。ほぐれた脂肪は、移動させることができるので、胸に少しづつ集めることが可能になります。脂肪を胸に集めれば、バストアップできますね。

背骨や骨盤の歪みをを解消できる

普段の生活で歪んでしまった背骨や骨盤は、ヨガで矯正することができます。ヨガのポーズで身体中の関節や筋、筋肉を丁寧に伸ばし、更に筋肉に刺激を与えて鍛えることで、背骨や骨盤の歪みを取り除きます。歪みが直ると、姿勢が良くなって猫背が解消されて胸が大きく見えますし、血の巡りも良くなるのでバストアップに効果的なんですよ。

自分のペースで無理なく継続できる

ヨガをするのに、広いスペースや道具は必要ありません。自分の好きなタイミング、自宅などの好きな場所でヨガをすることができるので、無理なく継続することが可能です。筋トレやマラソンなどの運動と違って、ヨガは激しい運動ではないということも、継続しやすい理由になりますね。

胸を大きくする厳選ヨガポーズ6選

たくさんあるヨガのポーズの中で、胸を大きくするポーズを6つ厳選しました。どれも簡単なのにバストアップ効果の高いポーズですよ。

1. 太陽礼拝のポーズ

  1. 背筋を伸ばし、肩の力を抜いた状態で胸の前で両手を合わせます。
  2. 目線を天井に向けながら、息を吸いつつ両手をゆっくりと上に上げて手の平を合わせます。
  3. 息を吐きながら、身体を前に倒していきます。両手を足の横の床につけましょう。
  4. 前を見ながら、息を吸いつつ上半身を起こして背中を平らにします。
  5. 息を吐きながら、足を片方ずつ後ろに伸ばし、足と背中をまっすぐにします。
  6. 脇をしめた状態で腕を曲げ、胸とあごを床につけます。
  7. 床に身体をつけ、息を吸いながら上半身を起こします。
  8. かかとを床につけ、腰を上に持ち上げます。
  9. 息を吸いながら前を見て、上半身を戻していきます。
  10. 息を吐きながら、上半身を前に倒して両足の横の床に手の平をつけます。
  11. 息を吸いながら両手と目線を天井に向けましょう。
  12. 手の平を合わせたまま、背筋をしっかり伸ばした状態で両手を胸の前まで降ろし、合掌します。

2. コブラのポーズ

  1. 足を肩幅程度に開き、うつぶせ寝します。
  2. 床の肩と胸の間の位置に、手の平を置きます。
  3. 息を吸い、吐きながら上半身を上に上げましょう。そのまま、腕を伸ばして胸を張ってください。
  4. あごを少し上げ、やや上の方を見ながら息を吐きます。吐き切ったら、息を吸いながら元の形に戻ってください。

3. ラクダのポーズ

  1. 膝と膝の間を骨盤の幅に開き、膝立ちをします。つま先は床につけ、かかとは立たせましょう。
  2. 背筋を伸ばし、へその下に集中します。
  3. 息を吐きながら、左手を左足のかかとに置きましょう。
  4. 同様に、右手を右足のかかとに息を吐きながら置きます。
  5. 息を吸ってから、あごを上にあげながら息を吐き、首を伸ばして骨盤を前に押し出します。
  6. この状態で息を止めず、20秒キープしましょう。

4. ねじりのポーズ

  1. 足をくずして床に横座りしましょう。
  2. 左足の外側に、立てた右足を置きます。
  3. 左手で右足を抱えた状態で右手を腰の後ろへ。息を吸いながらきちんと背中を伸ばしてください。
  4. 息を吐きつつ身体を右にねじって静止し、5回ほどゆっくり呼吸しましょう。

5. 吉祥ポーズ

  1. 両足のかかとを合わせた状態であぐらをかいて座り、息を吸いながら足を身体に引き寄せます。
  2. 息を吐きながら、上半身を前に倒します。この時、背筋を伸ばすことを意識しましょう。
  3. ゆっくりと呼吸をしながら、倒した身体を戻します。

6. 木のポーズ

  1. まっすぐに立ち、右足にしっかりと体重をかけます。
  2. 左足を曲げ、右足の付け根に左足の裏を付けます。
  3. 腰を開くように、左ひざを後ろに向けて背筋を伸ばします。
  4. 胸の前で合掌し、呼吸を整えましょう。
  5. 息を吸いながら腕を上に伸ばし、肘と膝を後ろに向かって開くことで胸と骨盤を開きます。
  6. そのままゆっくり30秒ほど呼吸をしましょう。
  7. 腕を肩のあたりまで降ろし、左足と右足を交代してもう一度反対側でも同様に行います。

これらのポーズはバストアップに必要な首筋の筋肉や背筋、大胸筋、脇周辺の筋肉をほぐし、血行やリンパの流れを良くしてくれます。全てのポーズをやる必要はありませんから、自分の気に入ったポーズを継続するようにしましょう。ヨガを始める前はしっかりと体をほぐしておくこともお忘れなく!

無理なくヨガを続けるポイント

胸を大きくするためには、ヨガをしっかり続ける必要があります。無理なくヨガを続けるためのポイントを見てみましょう。

呼吸法もしっかりマスターする

ヨガで大事なのは呼吸です。ポーズをとっているときに、呼吸を止めないようにしましょう。基本的なヨガの呼吸法は腹式呼吸です。肺ではなく、お腹をつかって呼吸をします。まずは、鼻からゆっくりと息を吸いましょう。この時、お腹が膨らむのを確認してくだい。息を吐く時は、お腹に溜まった空気を鼻からゆっくり出していきます。お腹に手を当てながら呼吸してみると分かりやすいので良いですね。最初は慣れないので大変かもしれませんが、この呼吸法をしっかりマスターすることで、身体のすみずみまで酸素が行き渡り、内臓のマッサージ効果やリラックス効果も実感できますよ。効率よく胸を大きく、そして続けやすくするためにも、呼吸法をしっかりマスターしましょう。

休憩や水分補給は忘れずに

ヨガはゆっくりとした動きですが、無理せずに途中でしっかり休憩し、水分をたっぷり摂ることが大切です。ヨガで血液やリンパの流れが良くなるので、体内の老廃物が流れやすくなります。身体の中の水分が不足していると、せっかく流れやすくなった老廃物が身体の外に出にくくなってしまいますよ。自分の体調をみながら休憩し、水分補給を忘れずに行いましょう。

生理などで体調が悪いときはお休みする

胸を大きくするヨガは毎日行うのが良いですが、生理中で体調が悪い時などは無理せずに身体をしっかり休めるようにしましょう。体調が悪いのに無理してやる必要はありません。必要に応じて、休む時は休む、というのも長く続けるポイントです。

ヨガで美しい胸の形をキープしよう

ヨガは、胸を大きくして女性らしい美しいバストラインを作り出します。胸が大きくなるヨガのポーズを毎日続けることで 綺麗な胸の形をキープできますよ。この時、腹式呼吸をしっかり行い、息を止めずに身体を動かすことが大事です。無理なく続けるためのポイントを参考にしながら、女性にとって嬉しいメリットがたくさんあるヨガを生活に取り入れてみましょう。